人材不足解消の鍵 – ホームページで優秀な人材を集めよう!

変化しつつある人材市場

人手不足で悩んでおられる企業様や店舗は多いと思います。特に新型コロナウイルスが落ち着いてからは、多くの業界で労働力の需要が増加したまま人材確保が追いつかない状況です。人口動態の変化(例えば少子高齢化)や専門技能者の不足、または職種や業種による人気・不人気のかたより等により、十分な労働力の供給が追いつかないのが現実です。特に今はデジタル化や新技術の導入により、特定のスキルセットを持つ人材に対する需要が高まっており、専門的な技能を持つ人材が重宝される傾向にあります。

どんどん増加する人材獲得のコスト

このように人材獲得が困難な状況の中、適切な人材を見つけるための募集活動(広告、求人サイトへの掲載料、人材エージェントへの手数料など)にかかるコストはどんどん増加しています。コストの増大は競争の激化へとつながり、優秀な人材を獲得するための競争が激しくなると、給与や福利厚生の向上といった追加的なコストも発生します。そして適切な人材が獲得できない場合、企業の成長や競争力の低下につながる恐れがあり、これは長期的なビジネスのコスト増加に繋がります。

ホームページで優秀な人材を集めるには

企業ブランドとイメージの構築

企業のホームページは現代の人材獲得戦略において中心的な役割を果たします。多くの場合、ホームページは潜在的な応募者にとっての企業の第一印象となります。魅力的なホームページは訪問者にポジティブな印象を与え、企業の信頼性を高めます。また企業のミッション、ビジョン、価値観を反映することで、ホームページは企業のブランドアイデンティティを強化し、応募者にとって共感や帰属意識を喚起することができます。

コンテンツの重要性

社員インタビュー、日常の業務の様子、職場環境の紹介など、リアルな社内の様子や社員の声などを掲載することで、応募者が実際の働き方や社風を感じ取れます。また給与体系、キャリアパス、福利厚生など、応募者が知りたい情報を透明化する事で信頼性を高め、ビジョンとミッションを明確化して適切な人材を引き付けることができます。

ユーザビリティとアクセシビリティ

直感的で使いやすいナビゲーション、迅速なページ読み込み、モバイル対応などは、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、訪問者の滞在時間を延ばすのに役立ちます。すべてのユーザーが容易にアクセスできる設計(アクセシビリティ)は、広い範囲の応募者にアピールします。

SEOとオンライン可視性の向上

SEO(検索エンジンの最適化)に優れたホームページは、検索結果でのランキングが向上し、より多くの潜在的な応募者に到達することができます。またオンライン可視性を高める事により、より多くの潜在的な募集者を引きつけます。

オンライン可視性とは
インターネット上での企業やブランドの見つけやすさや認知度を指します。高いオンライン可視性を持つことは、企業や製品に対する認知度を高め、ウェブサイトへの集客を増やし、結果としてビジネスチャンスを拡大することに繋がります。検索エンジン最適化やSNSの活用、コンテンツマーケティング(記事、ブログ、ビデオなど)、ネット上の有料広告、オンラインレビュー(Googleビジネスプロフィールなど)があげられます。

最後に

今回は人材確保を重視した企業ホームページのあり方について記事にしてみました。
ホームページは単に企業情報を伝えるツールではなく、企業の文化、価値、そしてブランドを構築し、共有するための重要なプラットフォームです。ホームページのリニューアルや新規制作時のポイントとして、または継続的な更新時のポイントとしてご参考にしてください。

また「ホームページで人材を確保したい!」という企業様は、お気軽に当方までご相談ください。